FC2ブログ

大黒祭・開運祈願祭のご案内・・・

【大黒祭・開運祈願祭・除厄開運水行】

大黒祭ポスター

令和2年 大黒祭・開運祈願祭

日時 令和2年 1月19日(日曜日) 14時から

場所 上行寺 本堂


当山勧請の『開運三面大黒天』の大祭として、大黒祭を行います。

その際に、皆様のもとでお祀り頂いている「枡入り子大黒天」をお持ち頂き、それぞれの大黒様に、1年間の御守護に感謝するとともに、新たな御威光倍増の祈願・沐浴を致します。
(各大黒天へのメンテナンスと、新たな1年へのパワーチャージだと思って下さい)

また大黒祭に併せて開運祈願祭を行います。
開運三面大黒天のもとで皆様の加持・祈願を致します。

●升入り子大黒をお持ちの方
祈願・沐浴料 1体 3千円 
升入り子大黒天と祈願料を寺にお持ち下さい。

●新たに升入り子大黒天をお申し込みしたい方
申込用紙はお寺にご用意しております。
必要事項を記入し、志納金を添えて至急お持ち下さい。

●各種祈願・交通安全守について
各種祈願の詳細と申込用紙は寺にご用意しております。
必要事項を記入し、祈願料を添えて申込み下さい。

※各種祈願札 福銭が付きます
IMG_5403 (389x640) (2)

※交通安全守
IMG_5408 (563x640)

※祈願申込書
大黒祭・開運祈願祭 祈願申込書 (640x443)

そして、、、

また新たな試み・・・

除厄開運水行

大黒祭の前に、一般の参加者と共に水行をします!

除厄開運水行 (453x640)

【水行】
古来より、水には浄める霊力があり、身心の穢れを払うと力があるとされております。

水によって心と体の穢れを払い・浄める(六根清浄)という水行は、日蓮宗の伝統的な修行方法のひとつです。

【除厄開運水行】
日蓮宗の伝統的な修行方法の一つ「水行」

令和2年という新たな年を迎えて、心と体の穢れを浄めて厄を払う水行を行います。

心身を浄め、上行寺御守護の『開運三面大黒天』に新たな1年の開運招福を祈りましょう。

■集合
1月19日 12:50
 
■参加費
1,500円
 
■持ち物
タオル・着替え
 
■特典
・水行の後、開運祈願祭にて御祈願を致します
・『除厄開運』の祈願札をお作りします

■申込み資格
・健康に問題のない男性
・健康に問題のない女性
 
■申込み
「氏名・年齢・生年月日・連絡先」を1/13までに
電話にてお知らせ下さい
054-628-2448

※注意点※
・体力に自信のない方はご遠慮ください。
・危険を伴います、体調管理は自己責任でお願いします。
・水行は基本的にはふんどしです。
・女性の方は、水着またはラッシュガードを着用の上、白衣を貸し出しいたします。


当日まで10日となりましたが、、、
御札書きはこれから・・・

祈願を申し込まれなくてもご参列頂けます!
水行の見物も大歓迎!
あまり見ることのない大迫力の光景をご覧下さい!

どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



大黒祭・開運祈願祭

寒波到来の中、今年も残すところ明日1日となりました。

本当にあっという間の1年でした・・・

昨年の今頃はまだまだ大荒行堂入行中、、、
やっと折り返しといったところでした。


もうすぐ年越しなので、来年のご案内です・・・

『大黒祭・開運祈願祭』

大黒祭ポスター (443x640)

平成31年 大黒祭・開運祈願祭

日時 平成31年 1月20日(日曜日) 14時から

場所 上行寺 本堂


本年2月、当山副住職が日蓮宗大荒行堂にて第参行・大黒相承を無事成満致し、新たに【開運三面大黒天】を親大黒としてお迎え致しました。
同時に、入行の祭にお申し込み頂いた皆様の「升入り子大黒天」を大荒行堂にて入魂開眼致しました。

今回、皆様のもとでお祀り頂いている「升入り子大黒天」を親大黒である開運三面大黒天のもとにお持ち頂いて、それぞれの大黒様に祈願・沐浴の法要である大黒祭を行います。

また大黒祭に併せて開運祈願祭を行い、開運三面大黒天のもとで皆様の加持・祈願を致します。


●升入り子大黒をお持ちの方
祈願・沐浴料 1体 3千円 
升入り子大黒天と祈願料を必ず1月10日までにお寺にお持ち下さい。

●新たに升入り子大黒天をお申し込みしたい方
申込用紙はお寺にご用意しております。
必要事項を記入し、志納金を添えて12月末日までに申込み下さい。

●各種祈願・交通安全守りについて
各種祈願の詳細と申込用紙はお寺にご用意しております。
必要事項を記入し、祈願料を添えて1月10日までに申込み下さい。

大黒祭・開運祈願祭 祈願申込書 (640x443)

※お問い合わせ等は上行寺までお願い致します

初めて行う法要です。
どなたでもご参列頂けますし、ご祈願致します。

この法要用にオリジナルの祈願札も製作しました。
IMG_5403 (389x640)

新規の升入り子大黒天もお申込みもあり、祈願の申込みも続々と頂いております。
本当にありがたい限りです。
感謝の気持ちを胸に刻んで、準備をして参ります。


そして、、、

今年1年、当ブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。
また明年もよろしくお願い申し上げます。

身延山大学公開講座のご案内・・・

もう11月もあと10日余り、気がつけば12月もすぐそこです・・・

そんな中ですが、ご案内です!

●身延山大学公開講座●
『日蓮学入門 ~日蓮聖人のご生涯~』


開催日時 
平成28年11月28日(月)
13時30分 受付開始
14時     講演
15時30分 質疑応答
16時     閉会

会場
富士市交流プラザ 第1会議室
富士市富士町20-1

http://www.fuji-kousya.jp/kp/

申込み・参加費は不要
定員 90名
       
主催 日蓮宗静岡県中部宗務所


securedownload - コピー

日蓮宗の総本山である身延山久遠寺に隣接する身延山大学より講師をお招きし、毎年行っている講座です。
今回は講師に身延山大学の木村中一先生をお招きし、『日蓮学入門』ということで宗祖のご生涯を御遺文を通してたどっていきます。
御遺文とは…宗祖が遺した手紙や文章類の総称。御書とも言う。

身延山大学の先生が、一般の方にもわかりやすくお話をして下さいます。

ご興味ある方は、ぜひお出掛け下さい!

団参のご案内・・・

すでに7月の施餓鬼会の法要の際や、掲示板でも掲載しておりますが、改めて団参のご案内です・・・



池上本門寺御会式参拝と万灯行列見学旅行

宗祖大聖人御入滅の地である日蓮宗の大本山池上本門寺の御会式を参拝し、宗門最大規模の御会式と万灯行列をたっぷり見学します。
また、神楽坂の毘沙門さんで有名な神楽坂善國寺様を参拝し、御開帳をして頂きます。


日時 10月12日~13日

参加費  1人部屋の場合 38,000円  2人部屋の場合 35,000円 

集合出発  上行寺 午前8時40分(小型バスにて)

人 員  15名

申 込   平成27年9月13日までに代金を添えてお申し込み下さい
    (尚、定員になりましたら、締め切らせていただきます)



池上本門寺の万灯行列とは・・・・
正式には「万灯練り供養」。池上本門寺は御入滅の霊跡であるためもっとも盛大に御会式が営まれている。
730年以上もの間行われてきた歴史と伝統に彩られた由緒ある行事で、その最大の見どころが「万灯練り供養」。桜の花で飾った万灯を持った人々が、池上駅周辺から本門寺までの約2kmの行程を練り歩く。毎年30万人もの参拝者が訪れ、迫力の一夜となる。

万灯練り供養の様子
https://www.youtube.com/watch?v=9YItxLhv-C0
https://www.youtube.com/watch?v=Qs___uhzNN4

012 池上本門寺 大堂 その2

honmonji_main.jpg

033 池上 御会式   その2

035 池上 御会式   その4

神楽坂の毘沙門さんで有名な神楽坂善國寺

神楽坂の坂の上にある日蓮宗寺院で、大田区にある池上本門寺の末寺にあたります。
徳川家康によって1595年(文禄4年)の創建され、もとは馬喰町にあったものが火災によりこの地に移転してきて以来、「神楽坂の毘沙門さま」として江戸の人々の信仰を集めてきました。お寺の縁日から発展してきたのが今日の神楽坂です。
本堂の前では狛犬ならぬ狛虎が睨みをきかせています。

IMG_7586_1280.jpg

136170812150213231903_IMG_2364.jpg

今回の旅行では、1日目の昼食は善國寺さんの裏手の神楽坂の割烹加賀にてとります。
神楽坂 割烹加賀→http://www.kagurazaka-kaga.com/

神楽坂の雰囲気もお楽しみ下さい。

2日目は、NHKスタジオパークの見学と浅草を散策致します。

申込み用紙はお寺にありますので、奮ってご参加下さい。宜しくお願い致します。

ネパール地震 義援金 ご報告とお礼

「ネパール地震 義援金」のご報告とお礼

多くの皆さまから、被災者の方々への義援金をお寄せいただきまして誠にありがとうございました。

義援金 総額:23,951円

お預かりした義援金は、日本赤十字社の『2015年ネパール地震救援金』に全額送金致しました。



被災地の一日も早い復旧を心より祈念し、ご協力いただきました皆さまに心から厚くお礼申しあげます。

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR