FC2ブログ

蓮 開花・・・

先週半ばまで、「空梅雨ですね~」「そろそろ雨が欲しいですね~」などとお参りの方々とお話をしていたら、、、

台風並の豪雨で東海道本線も新幹線も止まるほど降りました。

焼津市内のいくつかの地区では避難警報が発令されるほどでした・・・
ちなみに、その日は13時からあるお檀家さんの葬儀を行っておりました。
その法要中に参列者の携帯が一斉に鳴り出すこと、計3回。
もう皆さんお分かりの通り、緊急警報です。

大音量で一斉に鳴るので、本当にびっくりしました・・・

降らなすぎも困りますが、降りすぎもこまったものです・・・


今朝、蓮が完全に開きました!



これが開花した花の24日の様子。だいぶ蕾が膨らんできています。
DSC04183.jpg

続いて、昨日(27日)の朝の様子。開きかかっています。
IMG_9917.jpg

それが今朝には見事に開きました!
DSC04190.jpg


他にも・・・

同じく24日の様子。こちらも蕾がふっくらしてきています。
DSC04180.jpg

そして今朝、、、

こちらも開き始めました。明日には完全に開きそうです。
DSC04192.jpg


“蓮”育3年目・・・

今年も無事に咲いてくれました!

今年の蓮は、昨年よりも十日ほど早く花が開きました。
昨年は8月の半ばまで花を楽しめましたが、今年はその分だけ終わりも早いのかどうか・・・

しばらくは蓮の花がお参りの方々をお出迎えしてくれそうです。


スポンサーサイト



蕾・・・

昨日は梅雨入りしてから初めての雨。

しかしながら、空梅雨の傾向は解消されず・・・

今週は雨の日が多いようですが、どうなることやら。

しっかりと降ってくれないと、水不足や作物の不良などの諸問題が起きてきそうな気がします。


我が上行寺の“”、蓮はというと、、、

蕾が大きくなってきました!

現在、大小の蕾が10個ほど出てきています。
そのため、鉢を移動しました!

本堂正面の左右に分けて配置しました。

DSC04139.jpg

DSC04151.jpg

DSC04140.jpg

これから蓮はお参りの方々にもすぐに目につく場所で育てていきます。
お越しの際は、ぜひ近くで眺めて見て下さい!
この調子でいけば、今月中に開花しそうです・・・

梅雨なのに・・・

6月も半分が過ぎようとしております。
東海地方も先週半ばに梅雨入りとなりました。

しかしながら、、、

雨が降らない・・・

お参りに来る方々と、
「今年は雨が降りませんね~」
という会話をよくしております。

「暑くなってきて、お墓のお花が持たない。雨が降ってくれればね・・・」
こんな会話も。

暑くなってくるとすぐに花立ての水がなくなってしまい、花が枯れてしまいます。
花立てに水をいれるために毎日お参りされている方もおります。

雨が続けば、晴れ間が欲しい。晴れが続けば、たまにはひと雨欲しい。
無いものねだりなんですよね・・・

境内の蓮は、、、



IMG_9699.jpg

IMG_9688.jpg

日々成長し、蕾も出てきました。

こちらの水も毎日補充しています。雨が降ればこの手間もいらないのですが・・・


ところで、、、

本日6月14日は上行寺の先代(33世)境学院日寿上人(髙塚観清上人)のご命日。
日寿上人は昭和61年に遷化(逝去)されました。
来年は33回忌を迎えます。

上行寺は、32世日暢上人が本堂建立を志し、現在の地にまず700余坪の墓地を造成しました。
しかしながら、大東亜戦争勃発により一時中断し、終戦後に再開したが志半ばで遷化されてしまいました。
 
そんな中、33世日寿上人は先代の遺志を引き継ぎ、当時の檀信徒のご協力のもと、昭和34年の区画整理のおりに400坪余の境内地を求め、同36年に本堂を建立し、同45年には客殿庫裡を完成させ伽藍を一新させました。

このように、日寿上人は今の上行寺の礎を築いた方です。

遷化されて30余年。

現在の世界や日本を、地元である焼津を、今の僧侶を、そして上行寺を見て何を思うのでしょうか。






6月です・・・

6月となりました。
先月下旬より暑い日が続いております。
すでに暑さに参っているという方もおられるかもしれません。
まだ夏は序の口、これからのことが思いやられます・・・


そんな今月の掲示板は・・・



災いは口より出ずる 幸福(さいわい)は心より来たる

よく「口は災いのもと」「口は禍の門」と申します。

皆様もよくご存じの通り、「口は災いの元とは、不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるから、言葉は十分に慎むべきだ」という戒めのことわざです。

これは日本に限らず、英語などでも同じ意味のことわざがあるそうです。

このことわざは、『古今事文類集・後集』に「口は是れ禍の門、舌は是れ身を斬るの刀なり(うかつなことを言うと禍が起きる、舌は槍よりも多く身を傷つける)」とあるのに基づくものです。

ちなみに、、、
この『古今事文類集』は中国の類書で、1246年に出来た物です。

もう昔からある世界共通の認識なんですね・・・

言葉は大きな力を持っています。それがどう作用するかは使う人次第。

「つい・・・」 「うっかり・・・」 「口がすべって・・・」
よくありますし、誰でも1度は経験あるでしょう。

失言には気をつけましょう・・・
プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR