FC2ブログ

そうだ、七面山に行こう・・・

【そうだ、七面山に行こう。】

10月28〜29日
檀家の有志の方々と、1泊2日で七面山に登詣して敬慎院に参拝してきました。

七面山とは→ https://www.kuonji.jp/shichimenzan/shichi-tokei.htm


〈1日目〉
レンタカーで上行寺を8時半過ぎに出発
一路七面山へ・・・

快晴で気持ち良い天気の中、11時前から登詣開始・・・

《七面山登拝口》
IMG_9495 (640x480)

IMG_9494 (640x480)

途中、23丁目の中適坊にて昼食休憩。

《道中の絶景》
IMG_9496 (640x480)

IMG_9542 (640x480)


36丁目の晴雲坊で休憩。

『ポツンと一軒家』で全国的に有名になったこの場所
一緒に行った檀家さん達もこの番組が大好きらしく、坊守のおばあさん達にもお会い出来てテンション上がってました。


16時頃、ついに和光門をくぐりました。

和光門を抜けると、二匹の鹿がお出迎え。
IMG_9503 (640x480)

そして、、、

無事、敬慎院に到着!!

休憩を含めて5時間以上・・・
暗くなる前に到着出来ました。

山務員の皆さんにお出迎え頂き、敬慎院へ、、、
個人的には約15年ぶりで懐かしさが溢れるひとときでした。

部屋にご案内頂き、荷を解き、汗を流し、夕食…

《ストーブを囲んでの夕食》
IMG_9507 (640x480)

《精進料理の夕食》
IMG_9508 (640x480)

熱い味噌汁が本当に美味しい!
皆さんで美味しく頂きました!

18時30分より御開帳
ついに七面大明神を間近で拝しました。
道中の苦労が報われた瞬間、皆さん感動しておりました。

その後は19時より夕勤

21時に消灯
ストレッチをして明日に備えて寝ました…


〈2日目〉
5時起床

5時半より朝勤

5時50分頃に日の出ということなので、
御来迎を拝みに行こうとしたら、、、

外は雨・・・

IMG_9509 (640x480)

IMG_9516 (640x480)


早めに朝食を頂き、7時に出発。

IMG_9544 (640x480)

IMG_9543 (640x480)

雨具を装備して、いざ下りへ、、、

《雨の和光門》
IMG_9518 (640x480)

雨のせいで落ち葉や小石で滑るなか、気をつけて歩を進めました。

途中、何度も小休憩を挟みながらの下り道。

雨も時間が経つごとに強くなり、景色を愛でることも出来ず、霧の中を進みました。
IMG_9522 (640x480)

IMG_9519 (640x480)

IMG_9520 (640x480)

IMG_9524 (480x640)

それでも4時間近くかけて無事に登拝口に到着。

無事に往復出来たことを改めて七面大明神に感謝申し上げ、七面山をあとにしました。
IMG_9529 (640x480)


身延線の下部温泉駅近くの『藤川』でみんなでご褒美ランチ
IMG_9534 (480x640)

IMG_9535 (480x640)

《ステーキランチ》
IMG_9539 (640x480)

ランチは値段もリーズナブル。
おしゃれなお店で、目の前の鉄板で調理をして貰い、、、
美味しいお肉を堪能しました!

こうして帰路に着きました・・・

怪我もなく、無事に帰ることが出来て本当に良かったです。

「すべては七面大明神のおかげ」
「お題目の功徳だ」
と皆さんおっしゃっていました。

御来迎が拝めず、それだけは残念でしたが、参加した皆さんにとって大変充実した2日だったようです。

私自身も久々の七面山で、良い経験が出来ました。

またお参りに来ようと思います!

ご参加した皆さん、お疲れ様でした。

七面山の山務員、各坊の皆様、お世話になりました。

ありがとうございました!
スポンサーサイト



御会式・・・


一昨日の10月10日、御会式法要を行いました。

当日は台風の影響で風は強かったですが、お天気に恵まれました。

OICR0624 (640x480)

御供物の「いなり寿司」
前日からご婦人方が準備し始め、当日午前中に出来上がりました。

NCGR5836 (640x480)

IMG_E9285 (640x480)

とても美味しかったです!

当日の御宝前
ご婦人方の自信作の餅柱
IMG_9288 (640x480)

御会式法要では、宗祖日蓮大聖人のご遺徳を偲びつつ、80名ほどの方々と一緒に読経しお題目をお唱えしました。

IMG_9336 (640x480)

IMG_9339 (640x480)

御会式法要終了後には、檀信徒各家の家運隆昌祈願を致しました。

その後は三遊亭萬橘師匠をお迎えしての落語会。
IMG_9295 (640x480)

IMG_9303 (480x640)

IMG_9298 (640x480)

萬橘師匠の語り口に引き込まれ、本堂内は笑い声で溢れておりました。

皆さんお帰りの際には、「面白かった」「良く笑った」と口々におっしゃっておりました。

【上行寺寄席】
夜の部は19時から開演

焼津のみならず、静岡や清水からも足を運んで頂きました。
IMG_9319 (640x480)

IMG_9320 (480x640)

観客は萬橘師匠の話術に引き込まれて、本堂内は笑いの渦に包まれておりました‼️


落語とお寺の親和性は非常に高く、会場には一体感が生まれます。

「落語をテレビで観ても面白くない」
「面白さが伝わってこない」

このような考えの方もおります。

そんな方は、是非落語会に足を運んで下さい。
生の落語はテレビなどとは全く別物です。


何はともあれ、宗祖日蓮大聖人の第738回御会式法要を無事終えることが出来ました。

現在、非常に大型の台風19号が日本に接近しております。
数時間後には上陸する予定です。
すでに各地で被害が出ております。

くれぐれもお気をつけ下さい!

無事通過することを祈るばかりです・・・

そうだ、○○に行こう・・・

先日までの暑さはどこへやら・・・

昼間の暑さも和らぎ、やっと秋が近づいてきたことを感じます。

気がつけば彼岸花も満開に、、、
10日ほど時期がずれていたようです。

彼岸花は気温に反応して花を咲かせるそうです。
このままでは“彼岸に咲かない”彼岸花になってしますかもしれません・・・


秋彼岸の前から墓地入口に掲示しているポスター

某鉄道会社のCMのパクり、、、
ではなくオマージュです・・・

~そうだ、七面山に行こう。~

七面山団参

霊山、七面山参拝のご案内のポスターです。

七面山とは・・・
法華経の聖地で信仰の山として名高い山梨県身延の山。
山頂付近の敬慎院は、身延山を守護する七面大明神が祀られている。年間四万人が参拝し、多くの参拝者が宿泊する宿坊。

詳しくはこちら→https://www.kuonji.jp/shichimenzan/shichi-tokei.htm

ご存じの方も多い七面山、月参りで参拝する方もいらっしゃいます。

日蓮宗の僧侶となるための修行機関である、身延山での35日間の信行道場。
この中で必ず登るのが七面山です。
ですから、日蓮宗の教師(僧侶)は必ず1度は登っている山なのです。

私自身、15年近く前に信行道場生として登りました。
そして同じ年に僧道実修生としてもう1度登り、それっきり・・・

いつかもう一度登ろうと思い、、、

檀家の方々に話をしてご賛同頂き、ついに企画したというわけです。


久々の七面山

本当に登れるか、、、

正直、体力の不安が尽きません・・・

それでも、、、
七面大明神にお参りするため、
そして登り終えた時の感動を味わい、絶景を眺めるために行ってきます。

おかげさまで参加者の申込みも順調。

あとは人数が確定すれば、交通手段も決まるので当日を待つばかり・・・

明後日は当山の御会式。

明後日を含めてお天気に恵まれることを祈るばかりです・・・

~お知らせ~
お知らせ その①

御会式法要
10月10日 14時~ 

宗祖日蓮大聖人のご命日法要です。
宗祖のご遺徳を偲び、お題目をお唱えいたしましょう。

お知らせ その②
第6回上行寺寄席 三遊亭萬橘落語会
2019 御会式 三遊亭萬橘 落語会
御会式に合わせ、久々に寄席をやります‼️

10月10日
18:30 開場
19:00 開演

チケットは上行寺にて発売中!

みんなで大いに笑いましょ〜!!

※チケットの取り置きもしております!
お電話やメールを頂ければ人数分確保しておきます。代金は当日受付にてお支払い下さい。

@Sでもイベント紹介してます。
http://www.at-s.com/sp/event/article/stage/675339.html

よろしくお願い申し上げます!


10月です・・・

10月になりました。

秋彼岸も終わり、これから秋本番へ、、、

あれっ?

まだ30℃あるの??

秋は?

本当にこんな感じで困惑気味です。
着る物も困るし、身体もついていかない・・・

秋はどこへ?

もう数日は暑い日々が続きそうです。


そんな今月の掲示板は・・・



心の扉を開いてみれば そこに仏さまがいらっしゃる

仏さまは自分自身の心の中にいらっしゃる
このような言葉となっております。

宗祖日蓮大聖人は『重須殿女房御返事』という御手紙のなかでこのようにお書きになっております。

「そもそも地獄と仏とはいづれの所に候うぞとたずね候えば、或は地の下と申す経もあり、或は西方等と申す経も候う。
しかれども委細にたずね候えば、我等が五尺の身の内に候うとみえて候う。
さもや、おぼえ候う事は、我等が心の内に父をあなづり、母をおろかにする人は、地獄その人の心の内に候う。」

訳しますと、、、
「そもそも地獄と仏とはどこに在るかと尋ねてみると、地獄は地の下にあるという経文もあり、あるいは仏は西方の極楽浄土などにいるという経もある。
しかし、よくよく尋ねてみると、地獄も仏も我々の五尺の身体の内に在るものだということが説かれている。
なるほどと思い当たる節をいえば、我々が心の内で父を侮ったり、母をおろそかにする者がいるなら、地獄は他所ではなくその者の心の内に存在するのである。」

つまりは、、、
地獄も仏も心の内

地獄(悪しき心)
仏(慈悲・善良な心)
どちらも私たち自身の中に存在するのです。

不平不満・やりきれない思い・不公平・差別その他にもつらいこと、悲しいことなど・・・
生きていれば、小さな事から大きな事まで様々な事に多くのことに直面します。


そんな中でも、自分の中に地獄と仏が存在するという事を意識し、出来るだけ仏の心を養っていきたいものです。
きっとそれが自分自身にとってのより良い生活への糧となることでしょう。

自分の中の地獄を忘れずに!

地獄も仏のあなたの心の中にあります!

~お知らせ~
10月10日の御会式に合わせ、久々に寄席をやります‼️
2019 御会式 三遊亭萬橘 落語会

10月10日
18:30 開場
19:00 開演

チケットは上行寺にて発売中!

みんなで大いに笑いましょ〜!!

※チケットの取り置きもしております!
お電話やメールを頂ければ人数分確保しておきます。代金は当日受付にてお支払い下さい。

@Sでもイベント紹介してます。
http://www.at-s.com/sp/event/article/stage/675339.html

よろしくお願い申し上げます!
プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR