FC2ブログ

彼岸が終わり・・・

春彼岸が終わりました。

今回は新型コロナウイルスの影響でしょうか、彼岸を通して心なしかお参りの方が少なかった気がします。

例年通り、彼岸中日の春分の日には『春彼岸中日法要』を行いました。

今回は例年とは違い、ある意味厳戒態勢の中での法要でした。

① 玄関でのアルコール消毒
② 本堂内でのマスク着用
③ 本堂内を常時換気
④ いつもより座席の間隔を開ける

このように、出来る範囲での対策を行っての法要でした。

こんな中でも、ありがたいことに50名ほどの方々にご参列頂きました。

そして、皆様と各家のご先祖様に御回向し、新型コロナウイルスの早期終息と新型肺炎発症者の当病平癒を祈りました。

新型コロナウイルスは各方面に多大な影響を及ぼしております。
もちろんそれはお寺にも、です。

先日、ある檀家さんの法事が延期になりました。
新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、参列される方々のことを考えての変更でした。

以前から問合せのような形で、このような相談は受けておりましたが、実際に変更となったのは初めてでした。

そして、先日ある檀家さんの葬儀を致しました。
そこでは、参列者・葬儀業者の皆さん全員がマスク姿。
椅子も間隔をとって用意されており、先月執り行った葬儀とは様子が変わっておりました。

また、祓いの席もなく、持ち帰り用の食事を配っておりました。

このように感染拡大の影響が葬儀にも出てきております・・・

この文章を書き始めたのが火曜日(24日)
(筆が遅っ!ってツッコまないで下さいね…)

そしてついに本日26日、静岡県知事より【不要不急の移動自粛の要請】が出されました。

ひとことで不要不急と言っても、人によって違いますよね。

寺院にとっては、、、

法事は“不要不急”?

葬儀は?

その他の法務は?

心配は尽きません・・・

このままイタリアやスペインなど各国のように外出禁止となっていくのか!?

不透明なことばかりです・・・

それでは、、、

僧侶・お寺に出来ることは?

・危機意識を持ち、まずは自分自身を守ること。

自分自身を守ること(感染しないこと)が、周りの人をも守ることに繋がっていきます。

・お寺として、変更やその他のいろいろな変化に柔軟に対応していくこと。

・ひたすら早期終息を祈り続けること!

本来ならば、檀信徒などに対する心のケア(傾聴など)も大切ですが、、、
現状では、そのような接触も避けるべきなのかもしれません・・・

少なくとも、、、

“自分は大丈夫!”

このような考えは変えるべきでしょう!

皆さんお体にはお気を付け下さい!

話は変わって、、、

去る23日、祖山身延山久遠寺へお参りしながら桜見物をしてきました。


IMG_1365.jpg

IMG_1368.jpg

IMG_1373.jpg

IMG_1386.jpg
(暗めな画像はカメラマンのせいです、あしからず…)

今回は子供2人を連れて、大本堂などの諸堂と御廟所にて手を合わせてきました。

桜にはウイルスは関係なく、、、
今年も素晴らしい景色でした!

来年も、変わらずに花を楽しむことが出来ればと思うばかりです・・・



スポンサーサイト



新たな御首題について・・・

明日3月20日は春彼岸中日。
上行寺では春彼岸中日法要を行います。
令和2年 3月20日(金・祝)
春彼岸中日法要
14:00~


例年通り、読み上げ供養のお申込みも受け付けております。

~注意事項~
・当日ご参列の方はマスク着用でお願い致します
・本堂内は常時換気を行いますのでご了承下さい
・体調不良の方は当日の参列をご遠慮下さい



そして、、、

3月22日は甲子(きのえね)です。

甲子は60日に1度の大黒様の縁日です。

上行寺では、甲子に際しては、お祀りしている各大黒天へ特別に日頃の感謝の祈願回向をしております。


そんな中で、ここ数年で急増した“御朱印巡り”をされている方々の応対をしていて、
「上行寺でも何か独自のものが出来ないか?」
といろいろと考えておりました。


あれこれ考える中で、ついに「これだっ!」というものがありました!

それは、、、

『千大黒天絵図』

千大黒天絵図とは・・・
2軸一対の掛け軸で、その名の通り千体の大黒天が描かれているもの。

IMG_0529 (480x640)

IMG_0528 (480x640)

掛け軸には、江戸末期の弘化4年(1847)と記されており、
それ以前の絵を集めて表装したものだと推測される。

作風などから千体がすべて違う絵師ということではないが、
多くの絵師によって1枚1枚様々な姿の大黒天が描かれている。


この絵図にある大黒天は、愛敬ある姿や不思議なポーズをされており、ユニークな図柄が多数あります。

IMG_0530 (480x640)

IMG_0531 (480x640)

IMG_0534 (480x640)

IMG_0538 (480x640)

IMG_0544 (480x640)

IMG_0548 (480x640)

IMG_0551 (480x640)


そこで、『千大黒天絵図』の中の様々な大黒天を用いて新たな御首題を作ろうと思い立ちました。

いきなり何種類も作るのもどうかと思い、
甲子ごとに2種類ずつ用意していくことになりました。

それがこちら↓
IMG_1320 (2)

その1 陽気に踊る大黒天
IMG_1321.jpg

その2 某ビーズクッションのように袋に包まれている大黒天
IMG_1322.jpg

ほぼ実際の絵と同サイズ、多少印刷によって彩度が若干違う程度です。

上記の書き置きタイプに日付を入れてお渡し致します。

そして、、、

こつこつと書いて、、、

21日の今度の甲子からお分けする予定でした・・・

がしかし、、、

世間は重苦しい雰囲気で、様々な催しなどが自粛中・・・

そんな中でこのようなお知らせをするのは正直気が引けますが、、、

次回の甲子(5/21)まではお分けしているので、お参り頂ければ幸いです。


江戸末期の絵師が描いた大黒様

それを現代に伝える『千大黒天絵図』

その様々な姿を見て笑顔になってもらえれば嬉しい限りです。

千大黒天絵図自体は年間の決まった時期(12月~翌年2月)にしか目にすることが出来ません。

こちらも、何らかの形で皆さんに手を合わせて頂けるように考えていくつもりです。


もうすぐ新年度・・・

実り多き1年になるように!

まずは新型コロナウイルスの早期終息を心より祈っております!


【千大黒天 御首題】 第1弾

日時 3月22日~5月20日
種類 2種類・書き置きタイプの御首題


希望の方は庫裡玄関にてお申し出下さい。

~注意点~
① 急な法務などで留守の場合もありますので、ご了承下さい。

② 本堂は防犯上の理由から常時施錠しております。お参りは本堂前にてお願い致します。

③ お一人につき、1種類1枚のみとさせて頂きます。複数枚は対応しかねます。

④ 郵送などには対応出来ませんので、ご了承下さい。


その他ご不明点があれば上行寺まで問合せ下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

春彼岸・・・

日本も世界も新型コロナウイルスとそれに伴う各国政府の政策により、日を追うごとに混迷の一途を辿っております・・・

見通しが立たない現在ですが、一部地域の公立学校が再開しました。

感染予防はもちろん大切ですから、イベントなどの自粛や休校措置も致し方ないと思います。

しかしながら、過度に恐れを植え付けるような各種報道や風潮も考え物です。

そうは言っても、何か出来る訳でもないので、、、

お勤めでは疫病退散・病魔退散を祈念し、手洗いうがいを徹底している毎日です・・・



本日3月17日は春彼岸入りの日です。
73 家族でお墓参りをする様子

例年ならば、先週の週末頃からお参りの方が増えていくのですが、、、

今年は少ないです。

やはり新型コロナウイルスの影響だと思われます・・・

このようなご時世ですが、、、

3月20日春分の日には例年通り法要を行います。

令和2年 3月20日(金・祝)
春彼岸中日法要
14:00~


例年通り、読み上げ供養のお申込みも受け付けております。

~注意事項~
・当日ご参列の方は、マスク着用でお願い致します。
・本堂内は常時換気を行いますので、ご了承下さい。
・体調不良の方は、当日の参列をご遠慮下さい。


普段のように、

「皆さんぜひお参り下さい!」

とは言えない現状ですが、、、

ご参列頂ける方々と共に、ご先祖様を供養し、一刻も早い終息を祈りたいと思います。


私事ですが、、、

今日は息子の幼稚園の卒園式でした。

突然の休園措置により、、、

卒園式の練習も出来ず、

多く友達との別れを惜しみながらの楽しむことも出来ず、

式自体も短縮での卒園となりました。

もちろん、卒園式を行えただけ良かったとも言えますが、本人も親としても残念な気持ちはあります。

このような気持ちで旅立ちを迎えるのは複雑ですが、、、

『何でも“あって当たり前”ではない』

ということを子供自身が経験出来た、と前向きに考えたいと思っております。

全ての子供たちが笑顔で安心して過ごせる日を早く迎えられるように・・・

心から祈念しております!



あの日から9年・・・

今年も3月11日を迎えました・・・

東日本大震災から9年

多くの方々が犠牲となり、東北のみならず、日本全体に多大な傷を残しました。

“未曾有の国難”と言われ、今なお2529人の方が行方不明のまま・・・


朝のお勤めでは、懇ろに犠牲となられた全ての霊位に追善の回向を申し上げ、速やかな復興を祈願致しました。

そして今年も検索し、、、
JAPAN.png

自分に出来ることをこれからも続けて参ります。


奇しくも、、、

またも“未曾有の国難”といわれ、沈静化の兆しが見えない最中・・・

青空の下、普段なら幼稚園で友だちと遊んでいる子供たち。

見えないウイルスに恐怖し、自粛自粛の生活が続いています。

この空のように、晴れやかな気持ちで生活出来る日が1日も早く来ることを願うばかりです・・・

IMG_0985.jpg

この子達は大震災を知らない世代

そんな子供たちに、あの日あった出来事を伝えていくことも自分に出来ることだと思う。

大震災を忘れず、犠牲者を慰霊し、復興の一助となるように、、、

南無妙法蓮華経

3月です・・・

気がつけば、、、

あっという間に終わってしまった2月・・・

そして3月・・・

世界中で“新型コロナウイルス”が猛威を振っております。

学校が休校となり、混乱が家庭を直撃しています。

後手後手にまわった感の否めない日本政府の対応
日本の防疫体制
WHOの存在意義
数々のデマや買い占め騒動
そもそも“どこで・どのように”このウイルスが発生したのか?

議論・検証されることを切に望みますが、、、

まずは1日も早い終息を祈るばかりです・・・


そんな今月の掲示板は・・・

IMG_0863 (2)

素直な心は自信を生み 嫉妬の心は迷いを生む

“素直な心”を持ち続けることが難しくなってきている昨今・・・
どうしても偏屈でうがった見方をしてしまいがち、、、

かと思えば、、、
トイレットペーパー買い占め騒動のようなSNS発信のデマに踊らされてしまう・・・

膨大な情報の中からの取捨選択
止めどなく発信される情報を受け取る側の姿勢
何が正しいかを見抜く“目”

“嫉妬”やそれに類する心が自身の姿勢や判断を誤らせます・・・

【未曾有の国難】と言われる今だからこそ、自身を見つめ直すべきなのではないでしょうか・・・

宗祖日蓮大聖人が時の鎌倉幕府に奏上された『立正安国論』
この文書が伝えている世相と、750年以上を経て同じようになっていることに不安を覚えてなりません・・・


話は変わって、、、

【写経の時間 手ぶら写経会】

先月2月24日に《手ぶら写経会》を開催しました。

87437065_3248944275133325_7167221770347347968_o.jpg

今回は7名の方にご参加頂きました。

静かな空間で各々が経文と向き合い、、、

自分のペースで書写していました。

自分を見つめ直す
何も考えず目の前のことに没頭する
普段の生活からリセットする

そんな時間として頂ければ何よりです。

次回の開催日が決まりましたらご案内致します。
プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR