FC2ブログ

夏の終わりに・・・

IMG_7496.jpg

8月も今日で終わり。
明日から9月、今年も残り4ヶ月です。
令和3年も3分の2が終わった訳ですが、コロナ禍は相変わらず・・・

静岡県に非常事態宣言が発出されてもう半月、病床は逼迫し新規感染者数も減少の兆しはありません。

焼津市では夏休みが延長され、明日9月1日からはリモートでの授業再開となります。
この1ヶ月ほどで状況はどんどん悪化しました。
まだまだ改善の兆しも見えず、危機感を持って生活をしています。

そんなコロナ禍2年目の夏・・・

昨年中止にしたお盆の棚経やお塔所参りは、本年は2年ぶりに行いました。

感染拡大を受け感染防止対策として、7月棚経とお塔所参りは他県からのお手伝いの僧侶を呼ばずに、院主(先代)と私と組寺の僧侶で各家にお伺いしました。

そのため、例年通りの日程とはいかずに各地域で日程を変更させてもらい、無事に全て終えることが出来ました。
マスクをして消毒をしての棚経で苦労はありましたが、檀家の皆様に『迎え入れて頂ける』ことが本当にありがたく、嬉しいことでした。

8月は新規感染者が急増し状況も悪化していたため、棚経を取り止めにするお宅も増えましたが、それでも無事に終えることが出来ました。

檀家の皆様方のご理解ご協力に感謝致します。本当にありがとうございました。


7月も8月の棚経でもお宅にお邪魔してご挨拶のあとの枕詞はコロナのことでした。

そして、お経を終えてからよく話に出たことが2つあります。

① 永代供養墓について

「綺麗で立派なのが出来たね!」
「うちもいつかお世話になるもしれないから助かるよー」
「子供たちがあとのことをやってくれるか分からないから・・・」
「(納骨するのに)いくらくらい掛かるの?」

2月に新たに建立した永代供養墓について、こんな感じで感想を教えて下さったり、質問されたりといろいろと話をしました。

② ペット墓について
これも2月に修繕したもので、以前とは比べものにならないくらい立派になりました。

「うちの子もいつかお世話になるよ」
「霊園に預けてある遺骨を移したい」
「檀家じゃなくても受け入れてくれる?」
「費用はどのくらい掛かるの?」

こんな感じで質問が多かったです。
ペットを飼っている方は多いので、遠くに埋葬するよりも近くで供養していきたいと思う気持ちはよく分かります。このペット墓には、上行寺の看板犬をしていたウチの愛犬も埋葬されています。

このように、お伺いしたお宅では世間話から相談事まで幅広くお話をさせて頂きました。

やはり棚経は供養と同時にコミュニケーションの場なのだなと改めて感じました。

これからも棚経は大切にしていきたいと思います・・・


話は変わって・・・

【蓮育】

今年も私(170㎝)よりも大きく育ち、青々とした葉は今も日々成長しています。
IMG_7491.jpg

IMG_7487.jpg

しかし、、、
残念ながら、今年は例年よりも早く花が終わってしまいました・・・

今月中旬の天候不良や強風が続いて蓮が倒されてしまったことが悪かったのかなと素人ながら考えています。

今年もたくさんの綺麗な花で、多くお参りの方々を楽しませてくれました。
花の終わりは寂しいですが、これも夏の終わりを感じさせる出来事でした・・・



オリンピックに始まりフジロックやパラリンピック、愛知の野外フェスなどのイベント開催の是非が連日のように報道されております。

私は大規模イベントの開催を否定する気はありません。

ルールに則り安全を確保して行うことは賛成です。

しかしながら、一部の人の身勝手な行動によって多くの無関係な方にまで迷惑が及ぶことを危惧しています。

大人達の主義主張や無責任な行動によって、現在結果的に1番被害を被っているのは医療関係者と全国の子供たちだなとつくづく思ってしまいます。

「○○業界のため~」とか「一時の楽しみのため」とか、いろいろな行動理由はあるかと思いますが、我々大人よりも子ども達の方がよっぽど我慢の生活を強いられています。

それぞれに不満はあると思います。私ももちろんあります。

それでも、もう少し自分を律して生活をしていきましょう。

「自分は大丈夫」などと思わず、感染拡大防止を心掛けて気をつけて日々過ごしましょう。

明日からは9月ですが、残暑はまだまだ続きます。

お身体には気をつけて、くれぐれもご自愛下さい・・・
スポンサーサイト



緊急事態宣言中の御首題授与について

IMG_7435.jpg

静岡県も明日8月20日から9月12日まで緊急事態宣言が発令されることとなりました。

つきましては、緊急事態宣言中は対面での御首題(御朱印)授与を一旦中止致します。


・月替わり蓮育アート御首題(7月・8月・9月)
・千大黒天御首題


上記どちらも再開後にバックナンバーも含めて授与致します。

対面での授与再開については、また状況を見てご案内致します。



●郵送での授与について

月替わり蓮育アート御首題の郵送にて授与の申込みは、これまでと同様に受け付けております。

※現在は8月版ですが、ご希望の方にはバックナンバーも授与致します。

県外の方だけでなく、焼津市外の方でも対応致しますので、ご希望の方はご連絡下さい。

〜郵送対応 詳細〜
〈志納金〉
⚫︎見開きサイズ:1,500円(送料込み)

⚫︎ハガキサイズ+見開きサイズ :2,000円(送料込み)

※ハガキサイズのみは対応出来ません

下記のいずれかで志納金をお納め下さい。

・現金書留

・銀行振込
銀行振込をご希望の方は、「銀行振込希望」とご希望の方はDMまたは下のアドレスにご連絡下さい。

juen.jogyoji@gmail.com

こちらから振込先をご連絡致します。

〈日付について〉
郵送の場合は、○月吉日となります。ご了承下さい。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

雨とまんぼうとお盆・・・

九州北部や広島県・岐阜県・長野県などを襲った大雨によって大きな被害が出ております。
また今後も再び降雨も予想されています。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、土砂災害などで犠牲となられた方々のご冥福をお祈り致します。

IMG_7347.jpg


今年もお盆が終わりました・・・

雨、雨、雨な毎日でした。

8AD0C315-CAB5-476B-94EF-4FF5C01FDC04_20210816210425afa.jpg
(↑棚経中に寄った静波海岸 悪天候の中、サーファーの方々が大勢楽しんでいました・・・)

昨年はコロナ禍で棚経などの盆の行事を中止。

今年は感染防止を心掛け、2年ぶりに棚経などを実施しました。

8月初旬から静岡県内の新規感染者が日を追うごとに増加し、ついには新規感染者が400人目前まで迫ってしまっています。

8月8日からは県内でも『まん延防止等重点措置』(まんぼう)が発令されました。

そして昨日15日からは焼津市・藤枝市なども追加され、【まん延防止下でのお盆】となってしまいました・・・

上行寺のお盆は7月がメインですが、8月盆の檀家さんもいらっしゃいます。

県内の感染者が急増し“まんぼう”適用が発表されてから、棚経の見合わせの連絡が増えました。

8月盆の棚経実施は、結局例年の半分程度となってしまいました。

焼津市内の感染者も急増しているような感染状況では仕方のないことです。

むしろ半分以上のお宅が迎え入れて下さったことは、本当にありがたいことだったと思っています。

本日16日昼には静岡県も緊急事態宣言の発令を要請する事態にまでいたってしまいました。

これからより一層厳しい日々が続くと予想されます。

法務は感染防止対策をしながら変わらず勤めていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

追記:静岡県内にも緊急事態宣言が発出されることになりました。

御首題の受付や行事などの対応については、追ってお知らせ致します。


【蓮育】
境内の蓮は先日の雨と強風でどの鉢も斜めに倒されてしまいました・・・

そんな中、、、

倒れて斜めになりながらも、途中で茎を曲げて太陽に向かって咲く花

IMG_7355.jpg

IMG_7353.jpg

植物の逞しさを改めて目の当たりにしました・・・

私もこの花に見習って日々精進して参ります。

8月です・・・

8月になりました。

様々な騒動を経て始まったオリンピック・・・

連日のように日本代表選手が大活躍しております。

開催の是非さえも議論されておりましたが、始まってしまったからには選手を応援するのみです!

選手の皆さんには、最後まで悔いなくやりきって欲しいものです・・・


さて、今月の掲示板の言葉は・・・



あなたの施し慈悲の心が 
人を照らす光となる


日蓮聖人は、
「人に物を施せば、我が身の助けとなる。
たとえば、人のために火を灯せば、我がまえ明らかなるがごとし。」

と『食物三徳御書』に記しております。

“施し”というと、どうしてもお金や物品をイメージしてしまいます。
しかしながら、仏教における“施し”は必ずしも金品や食物だけではありません。

お金や食物などが無くても出来る施しがあります。
それが【無財の七施】です。


その七つの布施とは・・・
① 眼施 
温かい眼差しで接する

② 和顔悦色施
明るい笑顔、優しい微笑をたたえた笑顔で人に接する

③ 言辞施
心からの優しい言葉をかけていく

④ 身施
肉体を使って人のため、社会のために働くこと。無料奉仕(ボランティア活動)

⑤ 心施
「ありがとう」「すみません」などの感謝の言葉を述べる

⑥ 牀座施
場所や席を譲り合う

⑦ 房舎施
訪ねてくる人があれば一宿一飯の施しを与え、労をねぎらう

この七施の中でも⑦などは現在では難しい事もありますが、大部分は普段から実行出来る姿勢・行動です。

特に言葉や態度は、周りに良い影響を与えるだけでなく、結果的に自分自身に良い影響となって返ってきます。

コロナ禍の今だからこそ、お金や食物などがなくてもすぐに取り組める【無財の七施】を日々の生活の中で実践して頂ければ幸いです。

オリンピックの出場選手へのSNSでの誹謗中傷が大きな問題となっています。
誹謗中傷をして何になるのか?
人を傷付けて何がしたいのか?
正直なところ、私にはわかりません・・・

誹謗中傷よりも【無財の七施】を実践することの方がよっぽど社会に大きな影響を与えるはずです。

まずはあなたの身近な人たちに対して実践していきましょう。

「ありがとう」
笑顔で感謝の意を伝えましょう。

きっと相手の方も嬉しいはずです。

そのあなたの一言が、誰かの力になるはずです・・・


連日暑い日が続いておりますが、、、

境内の蓮は大きく成長しました!

毎朝綺麗な花が咲いていまーす!
IMG_7140.jpg

358B7344-AB2E-4AE3-832F-D022FB2F2CD5.jpg

AE73E6CF-571C-4F9A-AB44-41162CD4C698.jpg

まだまだ蕾もあるので、もうしばらく花を楽しめそうです・・・
プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR