FC2ブログ

ひとり思う・・・ (上行寺だより 抜粋)

早いもので、1月も終わりにさしかかって来ました。
今回はお檀家の皆様にお配りしている『上行寺だより』の新年号の記事の抜粋です。
昨年末の目を疑いたくなるような報道を受けてのコラムです・・・

【上行寺だより新年号 住職コラムより抜粋】

時の移り変わりと共に使われる言葉に『時代』と言う言葉がある。時代を辞書で引くと、歴史の上の一定の年代・期間、その当時・今の世,古めかしい などの意味が記されている。



昨年、暮れの報道・新聞に埼玉で遺体の取り違えの記事が・・・
報道では、十二月六日に職員二人が霊安室に安置されていた高齢の男女の遺体を取り違え、男性を間違って女性の遺族に届けた。男性の遺体は荼毘に付され、一方で女性の遺体は通夜の準備中に男性の遺族が気づき、そこで取り違えが発覚したと書かれていた。

これはあくまでも埼玉での事件だが、この葬祭業者は近隣にも進出している業者である・・・

私にしてみればあり得ない事、どうしてそうした事が起きたのか?と先ず思う!
ただただ、こうした事が起こる時代(世)に為ってしまったと、だけは言いたくない。
人を見守り・看取り・見送る この行為は、これまでもこれからもこの先も変わる事無く続いて欲しいし、この3つを行っていれば遺体の取り違えなどは起こることも無いはずである。

終わりに、取り違えに気づかぬまま見ず知らずの中で火葬となった男性故人のご冥福に合掌します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR