FC2ブログ

針供養・・・

今日はまた各地で雪が降っているようです。
静岡県内でも御殿場などで降っているとのことですが、焼津は午前中から雨模様・・・

昨日2月8日は『針供養』を行いました。

針供養の起源はさだかではありません。しかしながら平安時代(9世紀後半)には風習があったようで、全国的に広まったのは江戸時代中期以降とされております。

かつて、12月8日と2月8日は“事八日”と呼ばれておりました。
12月8日を事納め、2月8日を事始めと呼び、事納めには農耕を終え事始めには始めるとされており、この両日はつつしみをもって過ごす日とされ、この日は針仕事を休むべきと考えられておりました。
そして使えなくなった針を寺社に納める、あるいは豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈りました。

DSC04091.jpg

上行寺の針供養は先代住職の時代より50年以上の歴史があります。
墓地内にある「針塚」は昭和45年に建立され、これまで納められた針を祀っております。



法要は、焼津和裁組合と駿南文化服装学院の皆様や当山檀家の方々にご参列頂きました。

DSC04093.jpg


法要中には、参列者の方々がお世話になった針を御宝前に供えた豆腐に刺し、感謝の念を込めてお焼香を手向けました。

DSC04099.jpg

DSC04104.jpg

法要終了後には墓地内の針塚に移動し、針を納めました。

DSC04111.jpg


今年もお天気に恵まれ、晴天のもとで法要を行うことが出来ました。

針は、私達の生活に欠かすことの出来ない多くの物を生み出すのに必要不可欠なものです。
そんな針に感謝する。それが「針供養」です。
役目を終えた針に感謝しつつ、その針達が生み出したものを大切にしていきたいものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR