FC2ブログ

法華懺法会・・・

遡ること10日ほど前・・・

3月18日、日帰りで京都に行っていました。


カレンダーでは3連休の初日、朝の新幹線から試練でした。

「1人だし、座れるだろ」なんて甘っちょろい考えで静岡駅に行くと・・・
すごい人だかり、、、
正直3連休を舐めてました。
指定席もなく、グリーン席を買おうかと本気で悩みました。

運良く何とか空いている座席を確保し、いざ京都へ!


京都駅に着くと、大勢の人々が降りていきます。
日本人もそうですが、外国の方々の多いこと・・・
さすが京都!と思わずにはいられませんでした。

さて、京都に着いたものの、、、
少し時間があるので、ちょっとだけ観光!

と言うことで、伏見稲荷へ・・・
理由を挙げるとすれば、目的地から最寄りの観光スポットなので。

IMG_8348.jpg

IMG_8349.jpg

IMG_8350.jpg

多くの方々で賑わっておりました。さすが日本三大稲荷!

早々にお参りをして、目的地へ・・・

そして冒頭の写真のお寺、
“京都深草 元政庵瑞光寺”

山門も本堂も茅葺きの由緒ある趣深いお寺です。
IMG_8356.jpg

IMG_8358.jpg

瑞光寺について・・・
瑞光寺は開祖元政上人開祖のゆえに『元政庵 瑞光寺』といい、別称、上人が竹を好まれたところか ら『竹葉庵』とも称します。
明暦元年(1655)、幽趣を愛でた元政上人は、洛南深草の竹の里、旧極楽寺に草庵を結び、庵の名を章安大師の故事にちなんで、称心庵と名付けられました。
これが瑞光寺の始まりです。 (瑞光寺HPより)

元政上人とは・・・
江戸時代初期の日蓮宗を代表する高僧といわれ、京都深草に住したところから、深草(草山)の元政、艸(草)山和尚とよばれています。
日蓮宗の宗学者、教育者として大きな功績を遺していますが、当代一流の詩人・文人としても著名です。
この草山で自ら信行に励むと共に、著作詩文を多くものにし、著名な文人墨客と交遊し、宗内外の碩学と道交を結びました。
三六歳の時父を送り、翌年母と共に父の遺骨を奉じて身延に詣で池上を訪れました。この旅行記が『身延道の記』で元和上皇から嘉賞せられた名文の書です。 (瑞光寺HPより) 


3月18日は開祖元政上人のご命日である『元政忌』でして、それに因んで古くから伝承されている法華懺法会が行われております。
そして本年は元政上人350遠忌でした。


私はその350遠忌法要に参列するために来たわけです。

法華懺法会とは・・・
法華経を読誦して日頃の悪い行い(罪障)を懺悔(ざんげ)する法要。

法要は瑞光寺に伝わる草山流の法華懺法で行われました。
独特の声明の節回しが特徴で、お経本を見ていても同音できない難しさでした。

IMG_8360 - コピー

大変貴重な経験をさせて頂きました!
せっかくなので、お経本と法要で使った散華は頂戴してきました。

そしてこの日は毎年元政上人の遺宝や寺宝を公開しております。
日蓮大聖人ご真筆のお手紙をはじめ、貴重な物ばかり。ゆっくりと拝見させていただきました。
(撮影禁止なので画像はありません)


こうして、1日京都で貴重な体験をさせていただきました。
ただ願わくば、、、

次は日帰りではなく、泊まりで行きたいものです・・・

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR