FC2ブログ

7月盆・・・

無事に今年も7月盆が終わりました!

(お盆明けの16日朝の蓮・・・)
DSC04203.jpg

7月に入り、各地で異常な豪雨となっております。
九州北部をはじめ、各被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。また犠牲となられた方々には心よりご冥福をお祈り致します。

焼津でも13日午前には大変激しい雨が降りました。まるでスコールのような雨。
これが半日や一昼夜続けば大変な事態となっていたことでしょう。
日本が年々南国化している気がします・・・

焼津では幸いに盆中は13日午前に雨となっただけで、あとはお天気に恵まれ暑い暑いお盆でした。

14日夕方からの『御塔所(おたっしょ)参り』も例年通り行いました。

(不手際で当日の様子を撮影しませんでした。ですので、去年の様子をイメージとしてはります・・・)
IMG_5756.jpg

IMG_5755.jpg

当日は16時前からお参りの方が増え始めました。
そして日が暮れる頃には多く人で賑わっていました。

昨年は車の混雑と渋滞で警察の巡回がありましたが、今年はそういったこともありませんでした。
駐車場はほとんどの時間満車でしたが、渋滞になるほどでなかったです。

例年では日が暮れて暗くなる頃がお参りのピークとなりますが、今年はそれほどでした。
どちらかというと、やや混みな状態が長く続いたといった印象です。
昨年のことがあって、皆さんピークの時間帯からずらしてお参りして下さったおかげだと思っています。

そして例年は19時半を過ぎると人がまばらとなりますが、今年は20時を過ぎてもお参りの方が・・・
結局最後のお経は20時半過ぎでした。

こうして無事に御塔所参りも終わり、15日の棚経も暑い中でしたが終了しました。


今年、住職に言われて気づいたのですが、、、
御塔所参り中にお墓の前で迎え火をする方が本当に減っていました。

昔は本当にあちこちで松明を燃やしていて、お経中に煙を吸い込んでむせたり、衣を焦がさないように風向きを考えて立ったりが当たり前でした。
しかし、それがいつの間にか松明を燃やすお宅の方が珍しくなってしまいました。
これも時代の流れ・変化なのかもしれません・・・

そんな中、小学校高学年?中学生?のお子さんに、
「なんで14日にお墓に来るの?」
と質問されました。。。


御塔所参りは、、、
昔からの焼津の習慣で、7月14日の日暮れから夜にかけて家族で自分の家のお墓や親戚のお墓などをお参りするお盆の風習です。お墓の前では松明を焚き、僧侶の読経とともにご先祖にお参りします。

しかし、、、
なぜ14日なのか・・・


もうこれは昔からの風習だからとしか言いようがありません。

ご先祖様をお迎え行くのであれば、お盆のはじめに・・・
お送りするのであればお盆終わりにすれば、、、
と思ってしまうのですが、そうではないんです。
きっとお盆まっただ中の14日にお墓にお参りすることに意義があるんです。

焼津のお盆の風習。
それも7月盆だけ、旧の焼津の町のお寺でのみ行われる風景・・・

これを続けていくことが次世代への信仰の継承に繋がっていくはずです。

毎年7月14日のこの風景を過去のものにしないようにしていきたいものです・・・


そしてお盆、、、

最近はお盆の棚経をやめてしまう寺院も増えてきたようです・・・

お宅にお伺いして、、、

「よく来てくれた、待ってたよ。」

という言葉を聞くと、本当に来て良かったと感じます。

その言葉が聞ける限りは、、、

毎年頑張ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR