FC2ブログ

お寺とエアコンと・・・ (後編)

前回の続き・・・

昔は、、、

お寺の本堂は、“暑い”“寒い”は当たり前でした。


エアコン導入の動きも、多くなってきたのはここ数年です。

なぜ今かというと、、、

夏の暑さへの対策と健康面への配慮が大きな要因です。

sick_atsui_man.png

毎年暑くなっているのでは?と錯覚するほど、近年の夏の暑さは厳しくなっています。
そして、屋内での熱中症についても毎年注意喚起がなされています。

夏というと、お寺ではどこでもお盆とそれに関わる法要が行われています。
上行寺でも7月7日の施餓鬼法要には非常に多くの方々にご参列いただいておりますが、その法要は毎年1時間20分~30分ほどかかっております。
法要後の住職の挨拶や護持会決算報告なども入れると2時間ほどになります。

いくら窓を開け扇風機を回していたとしても、参列者にとっては大変なひとときです。
ましてや参列者の中にご高齢の方も多いので、暑い中での法要参列は大きな負担となってしまいます。

「暑いから法要に参列したくない・・・」と思われるのも考えものです。
また、「お寺に行って体調を崩した・・・」なんてなっても非常に申し訳ない限りです。

これらの解決策としてエアコンの導入が活発になってきたわけです。
幸い、エアコン自体も高性能になってきていて、壁掛け型なら天井埋め込み型などとは違ってお手頃な価格であるのも導入を後押ししています。


「お寺だからしょうがない・・・」

もうそうは言っていられません。
お寺も設備投資をして、より良いお寺となっていかなければならない時代です。

このままいけば、、、

【お寺の本堂は、“暑い”“寒い”は当たり前】

このような言葉が聞かれなくなる日がくるかもしれません・・・


そして上行寺はというと、、、

先週から行っていた屋外トイレのリフォームが終わりました!

ついに屋外トイレの和式便器が洋式便器に生まれ変わりました。

IMG_1033.jpg

IMG_1034.jpg

もともとは掃除がしやすいという理由から、設計時に和式を選択しました。

しかしながら、、、
お年寄りが和式では大変とのお声や、生活様式の変化によって自宅はもとより学校などでも和式トイレが減っているため、子供達が使えないという問題が出てきていました。

そのため、今回のリフォームとなりました。

よりお参りしやすいお寺、過ごしやすいお寺を目指して・・・

これからもお寺の設備の維持管理はもとより、修繕や改善もしていかなければなりません。

そしてそこに住持する僧侶として、自分自身の資質も向上するように精進して参ります。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR