FC2ブログ

百ヶ日忌・・・

6月もあとわずか。
梅雨の中休みなのか、今日は暑い日となりました。
最高気温は各地で30℃超え、夏はすぐそこです・・・

最近は寝不足続き、、、
そんな方は多いはずです。

寝不足の原因は、、、

そう、サッカーW杯ロシア大会!

毎日睡眠時間を削って観戦しております。
日本の試合を含め、見応えがあって素晴らしい試合が多く、楽しく寝不足な日々を過ごしています・・・


世界各地がサッカーに夢中になっている中ですが、、、

昨日は祖母である上行寺先代内室(夫人)の百ヶ日法要を行いました。

securedownload (640x480)

祖母は去る3月17日に行年(数え年)95才をもって霊山浄土に旅立ちました。

生来足が悪かった先代住職を助け、車の免許を取って先代の文字通り足となり二人三脚で上行寺の護持発展に努めてまいりました。

先代が32年前に遷化してからも変わらず、数年前までお寺の仕事をしておりました。

私自身は、祖父母にとっての初めての内孫という事で大変かわいがって貰いました。祖母とは小学校の夏休みなどには一緒に旅行に行ったり、何かと面倒を見て貰い、思い出は尽きません。

そんな祖母が亡くなり、もう100日経ったのかと思います。

また、先代は昭和61年の6月14日に遷化し、つい先日33回忌を迎えました。
5月の連休中に33回忌の法要を行いましたが、これまた時が経つのは早いものだなと思います。

先代や祖母を偲びながら、今の自分をどのように見ているのかなと思ってしまいます。
まずは2人に心配を掛けぬようにより精進していこうと考えております・・・

祖母が亡くなり、改めて感じたことがあります。
それは、葬儀をするにあたっての決めることの多さ。

祖母の葬儀の際にある檀家さんから、
「お寺さんは葬儀には慣れてるから大丈夫でしょ!?」
と言われました。

葬儀をすること、つまり法要をすることには慣れているといってはおかしいかもしれませんが、僧侶ですのでわかっておりますが、、、

家族の葬儀を出す、つまり喪主をするということは先代遷化以来32年ぶり。当時私は幼稚園の年中さん。ほぼ記憶はありません。
知っていることは多々あっても、あくまで知識として。
“慣れ”などまったくありません・・・

お弁当1つ決めるにもあれこれ考えなければならないことばかり、、、
決める事の多さや煩雑さに頭が痛いことだらけでした。

それだけ、
「人が1人亡くなる」
「家族を送る」
ということは一大事なのだと、当事者になって改めて感じました。

今回の祖母のことで、いろいろな経験をさせて頂きました。
感じたこと、考えさせられたこと、多々ありましたし、百ヶ日法要を終えた今だからこそ感じることもあります。

ここでその全てをお伝えすると大変な長文になってしまいます。

それよりは、、、
この体験を自分の成長の糧として、これから僧侶として生かしていきます・・・





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR