FC2ブログ

針供養を行いました・・・

先日2月8日に針供養を行いました・・・

IMG_E0669 (640x480)

私たちの生活に欠かせない“針”

折れてしまったりして役目を終えた針たちをご供養するのが“針供養”

起源はさだかではありません。
しかしながら平安時代(9世紀後半)には風習があったようで、全国的に広まったのは江戸時代中期以降とされております。

かつて、12月8日と2月8日は“事八日”と呼ばれておりました。

12月8日を事納め、2月8日を事始めと呼び、事納めには農耕を終え事始めには始めるとされております。

この両日はつつしみをもって過ごす日とされ、この日は針仕事を休むべきと考えられておりました。

そして使えなくなった針を寺社に納める、あるいは豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈りました。

上行寺の針供養は先代住職の時代より50年以上続けられてきました・・・

墓地内にある「針塚」は昭和45年に建立され、これまで納められた針をご供養しております・・・


今年もご参列頂いた方々の針や前もってお預かりした針に、

「ありがとうございました」
「お疲れ様でした」

このような想いを込めて、ご供養致しました。

IMG_E0670 (640x480)

IMG_E0671 (480x640)

IMG_0672 (640x480)

法要後は墓地内の“針塚”へ、、、

IMG_0677 (480x640)

IMG_0674 (640x480)

IMG_0676 (480x640)

ご供養した針を納め、皆さんと共に手を合わせました・・・

当日の様子が2/8付の【焼津港報】に掲載されました。
IMG_0697 (640x389)


今回初めてご参列されたある方は、数年間分の針をご供養してお納めしました。

“モノに感謝をするということ”を大事にしたくて、この針供養に参列されたとのことでした。

「道具を大切にする」

「道具を使い切りる」

「道具に感謝する」

物や食料などあらゆる事柄を大量に消費し、大量に廃棄する・・・

そんな時代だからこそ、、、

もう一度いろいろなことを見つめ直し、時には先人たちの想いに立ち返ることも必要なのではないでしょうか・・・

“モノを大切にする”

当たり前のことを忘れずに・・・

これからの時代、この当たり前のことが見直される日がきっと来るはずです!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR