FC2ブログ

新たな御首題・・・

毎年上行寺では本堂前で蓮を育てており、蓮たちは御参拝の方々の目を楽しませ、境内に彩りを添えてくれています。

今回、この“蓮育”をイメージした月替わりアート御首題を製作致しました。

~月替わり蓮育アート御首題~

蓮の成長の過程を月ごとに描いたスケッチ画を用いた御首題で、焼津市在住の水彩画家さんとのコラボ御首題です。

6月から1ヶ月ごと、蓮の成長に合わせてデザインが変わっていきます!

蓮の絵は、今回の御首題用に描いて頂いたスケッチ画です。

⚫︎授与開始日:6月1日〜

⚫︎志納金について

見開きサイズ:1,000円

ハガキサイズ:500円


ご希望の方は庫裡玄関にてお申し出下さい。

⚫︎郵送対応
新型コロナウイルスの感染拡大防止を心掛け、郵送対応も致します。

見開きサイズのみ:1,500円(送料込)

見開きサイズ+ハガキサイズ:2,000円(送料込)

㊟御首題の日付は【6月吉日】となります。
ご了承下さい。

ハガキサイズのみは対応致しません。

ご希望の方は下のアドレスにご連絡下さい。
juen.jogyoji@gmail.com


◎6月 蓮育アート御首題(見開き・A5サイズ)

IMG_5942 (2)

作者より 「梅雨の時期。しっとりとした雨の降る中、静かに美しく佇む蓮を描きました。」

右・御題目
中央・蓮のデッサン画
左・「不染世間法 如蓮華在水(ふぜんせけんぼう にょれんげざいすい)」
背景・梅雨をイメージ

法華経 『従地涌出品 第十五』の一節
〜世間の法に染まらざること 蓮華の水に在るが如し〜

蓮は泥の沼地でそこにしっかりと足を着けて根を張り、養分を吸収します。しかし泥の色には染まらず、自分が本来持っている色の花を咲かせます。

お釈迦様は「泥の沼地」とは私たちの生きているこの「現実世界(娑婆世界)」だとおっしゃっています。

私たちが生活する現実世界は、良いこと悪いことだけでなく本当にいろいろなことがあり、喜び・悲しみ・嫉妬や愚痴が渦巻いています。まさにグチャグチャに混ざったまさに「泥の沼地」のようなものです。

その現実から目を背けて生活は出来ませんし、全てが混ざり合ったものが社会なのです。

そこで大切な事は、現実をしっかり受け止めてそこに足を着ける。

そして、蓮のように沼地から自分の糧となる事を吸収していくことが成長に繋げ、自分自身の花を育てることです。


◎6月 蓮育アート御首題(ハガキサイズ)

IMG_5943 (2)

金字の御題目にデッサン画


⚫︎デッサン画作者
一栁 綾乃 Ayano Ichiyanagi
絵描き / デザイナー
1981年生まれ、静岡県出身。静岡デザイン専門学校 グラフィックデザイン科卒。10年間の京都生活を経て、2018年より再び静岡在住。

豊かな環境の中 生まれ育ったことから、自然をモチーフにした絵画作品を制作。「纏う絵画」をテーマに、2013年頃から 絵をデザインした テキスタイルや服・傘などを展開。また、広告・アパレル・フローリスト・映像・音楽 等、多彩なジャンルとのコラボレーションワークを得意とする。KOKKAさまより 、Ayano Ichiyanagi デザインのファブリックブランド"yui" が展開中。

HP https://ayanoichiyanagi.wixsite.com/ayano-ichiyanagi
Instagram https://instagram.com/ayanoichiyanagi?utm_medium=copy_link

千大黒天絵図御首題は御好評を頂いており、引き続き授与しております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR