FC2ブログ

御朱印・・・

今月お檀家の方々にお配りした『上行寺だより』より抜粋し、加筆したものです・・・

最近参拝に来られた方に御朱印を求められることが多くなりました。数年前まではまったくといっていいほどありませんでした。恥ずかしながら、最近になるまで御朱印を書いた事もありませんでしたし・・・
それが最近になってウォークラリーの最中などにふらっと寄られたような方から、全国各地より計画的にお寺を廻っている方までいらっしゃいます。中には自分はどこの○○寺の檀信徒ですと言うことがわかるようにご自身の名刺を作っておられる方もいらっしゃいました。
ここのところ日蓮宗新聞で千ヶ寺参りのコラムを掲載していますが、それも影響しているのかもしれません。

これは日蓮宗に限ったことではなく、世間的にも御朱印がブームとなっているようです。ここ数年、寺社がパワースポットとして注目されるようになりました。そこで御朱印を頂き、それを集めるような方が多くなったそうです。そしてついには『御朱印女子』という言葉までメディアに登場しました。関係有りませんが、メディアは本当にこのテの○○女子や○○男子などの造語が本当に好きだなとよく思います・・・
また「決定版・御朱印入門」「御朱印巡礼 愛蔵版」という書籍も刊行されております。(下の画像)
32172698.jpg guruguru_9784473037459.jpg

そもそも御朱印とは?
御朱印の起源には諸説有りますが、元々は寺社に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力です。そのため「納経印」と呼ぶこともあります。現在でも納経をしないと御朱印を頂けない寺院が存在するそうですが、多くの寺社では参拝の証として少額の御布施(300~500円程)を納めることで御朱印が頂けるようになっております。

御朱印を頂く際の注意点
現在では誰でも簡単に御朱印を頂くことが出来ますが、観光地などの「記念スタンプ」とは意味合いがまったく違います。

◆必ず参拝をする
お参りもせず、御朱印だけ頂いて帰る方も多いようです。最低限お参りはしましょう。御朱印はスタンプラリーではありません。
外から本堂やお堂を参拝するだけでなく、屋内でどうしても参拝したいという場合は必ず事前の連絡を致しましょう。防犯上などの理由から施錠されている場合もあります。

◆多忙時は避ける
参拝すればいつでも頂けるとは限りません。法事中や年中行事の時は避けましょう。また観光寺院や大きな寺社以外では住職等が不在で御朱印が頂けない場合もあります。せっかく来たのに貰えなっかたということがないように事前のご連絡をお進め致します。

◆お寺からのお願い
御朱印を頂く際には、必ず御朱印帳をご用意下さい。ノートなどでは失礼にあたります。今はいろいろな御朱印帳が販売されております。ご自身の気に入ったものを探してみるのも楽しいかもしれません。

お寺を参拝することも一つの修行です。出来ますれば、訪れた際の記念として頂く御朱印帳とご自身の宗旨(日蓮宗の檀信徒の方なら日蓮宗寺院用)の御朱印帳と分けてご用意頂ければ幸いです。また御朱印帳を新たにご用意される際は、まずは菩提寺の御朱印を頂くようお願い致します。

いくつかの注意点を守って頂きながら、御朱印が寺社や仏教に少しでも興味を持って頂くきっかけとなればと思っております。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上行寺STYLE

Author:上行寺STYLE
上行寺は静岡県焼津市にある日蓮宗のお寺です。

『上行寺STYLE』は上行寺の副住職がお寺の事や日々の事などを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR